投資性金融商品

  • HOME
  • 投資性金融商品

ご検討の際は、ご自身に合った商品特性を見つけましょう

                      

預金・貯金

こちらも金融商品に分類されます。銀行は預金、郵便局は貯金。
外貨建て預金もあり、開設費用やリフティングチャージ等を加味すると、現状は旅行時や外貨決済口座として使用することに適しています。
外貨を増やすのには低金利の今、他商品と比較検討をお勧め致します。外貨預金はペイオフ対象外であるところは注意です。
円、外貨問わずお金を保管するには流動性がありほかの金融商品にくらべ利便性が良い。近い将来の必要分はしっかり預金貯金したいですね。


債権

国債はほとんどの方が耳にしたことがると思いますが、債券も多種に渡ります。
日本国債は一般的に低リスクと浸透していることから債権=低リスクと記憶されている方も多いです。
実際には下記にある様に種類に応じてハイリスクまで存在するので、しっかり自身の投資目的に合わせたいところです。

仕組み債
対象指標(指数、為替レート等)により償還価格が決定したり、早期償還になる可能性がある債券。
元本について、対象指標の変動リスクを取ることで、同発行者、同期間の普通債券より高く受取れる可能性があります。
つまり普通債券に比べ高リスクとなります。


投資適格債
S&P社などがBaa、BBB以上と格付けした債権。
デフォルトリスク*が低く比較的投資し易いと言われ、世界の投資適格債に投資する債権ファンドは定番です。
(*債権回収不能に陥る危険性)


投資不適格債
不適格そのままの意。償還、利息支払い不確実。購入してはいけないないという意味ではないです。
ランクBで名の知れた米国企業なども多くあり、購入する投資者も存在します。不適格なぶん高配当です。
(ランクは格付会社のウエブサイトなどで閲覧可能)


割引債
額面より低く割引かれて発行されます。利息がつかず別名ゼロクーポン債とも呼ばれるため
『買う意味あるの?』との質問も多いです。
額面価格が償還されるので、発行時の価格との差額が差益と考えるとわかり易いです。


利付債
額面のまま発行され、毎年決まった時期に利息が支払われます。
利率は確定、固定、変動があり、個人は売出債、機関投資家などは募集債に分かれます。


円建債券
払込・利払・償還のすべて円の債権。現在取り扱っていない証券会社もあります。

 

外貨建債権
ショーグン債とも呼ばれ、海外機関や海外政府などが日本で発行する外貨建て債券です。
為替リスクが発生しますので債権価格変動とあわせてリスクの許容が必要です。円建て発行債券をサムライ債とも呼びます。

 

株式投資

略されて『株』と言われることが多いですね。
応援したい・将来性があると判断した企業の株式を購入するのが株式投資の基本とされています。
『株式』とは株式会社が今後の活動資金を得るために発行されたものを言い、会社への応援を株を購入する株式投資で行います。
投資リターン、保有し続けることで株主の権利(優待など含)もあります。
株式市場は東証(東京証券取引所)、名証(名古屋証券取引所)、札証(札幌証券取引所)、福証(福岡証券取引所)
から成り立っています。

 

不動産投資

リアルアセットともいわれ、不動産や天然資源など形があり価値のつく実物資産への投資を言います。
近年では海外ヘッジファンドのリアルアセットへの動向も注視されています。
不動産投資「信託」(上場REIT)も存在し、不動産の現物投資に比べ、小口で投資できる。
当社では市場や業界構造を把握した上で、中古マンション投資スキームを構築しております。
新築案件とのキャッシュフロー比較検討頂きご判断ください。

 

iDeco

私的年金制度で確定拠出年金法にもとづいて実施されています。
かけ金を拠出して自ら運用方法を選択します。かけ金と運用益をもとに年金給付される。
法改正により、確定「給付」企業年金への個人別管理試算の移転が可能になったり利便性も良くなっています。
かけ金が全額所得控除、運用益も非課税、受取時も控除ありですが、原則60歳までは引き出せず解約できない点は理解したうえでの利用になります。
iDecoは、individual-type Defined Contribution pension plan の単語の一部から構成され、i には私の意味も込められているとのこと。

 

金・銀・プラチナなど(貴金属)

ご存知の通り古来より、希少な貴金属は世界で資産、通貨として使用されてきました。


「有事の金」という言葉が表すように、戦争や自然災害、経済変遷、金融余波など生じた際に金は大幅な値崩れを起こすことなく信用され続けています。リーマンショックが分かりやすい例として挙げられます。
金本位制*が終えてからも、金の価値は普遍性を持続しており、いまでも世界の中央銀行で『準備資金(資産)』として保有されていることからも、個人資産を守るという観点で購入する投資家は多いです。
主産出国は中国、オーストラリアなどです。
(*金を通貨価値基準とする制度。中央銀行が発行紙幣と同額の金を常時保管し、紙幣との交換を保証するもの)
(参考売買値:2019年4月 約5,000円/g)

 


ほか貴金属に比べると極めて安く、好む投資家も存在します。太陽電池やハンダ、メッキなどでの使用が主。
金は高価で手を出しにくく、安価で小口投資から始めたいという方には向いています。実は金も数千円の小口出資で始められるので気に入った材料からスタートでも良いですね。銀は市場規模が小さいことから値動きが比較的大きい点は抑えておきたいポイントです。
過去にも富豪による大量購入等で価格が大幅に動いた歴史があります。
主産出国はメキシコ、ペルーなどです。
(参考売買値:2019年4月 約   59円/g)


プラチナ
金と比べて発掘量は少なく希少価値が高いですが、通貨としては一般的に弱いとみられています。
しかしながら銀より単価は高い水準を維持している。
ジュエリー素材として知られていますが、大半が工業用製品に使用されています。リーマンショック時には自動車産業と関係して下落。
主な産出国である南アフリカと、自動車産業の動向に影響します。
(参考売買値:2019年4月 約3,500円/g)


パラジウム
貴金属の中でも希少性が高く、自動車や電子機器など工業用に主に使われます。
最近では歯科用材料としても用途がある様です。一時紙面をにぎわせたレアメタルの一種ですね。プラチナと同じく自動車や電子機器産業の動向に関心を持っておきたいところです。主産出国はロシアと南アフリカです。
(参考売買値:2019年4月 約5,500円/g)

FX

円を外国通貨に換える取引を外国為替取引といいます。
FXの特徴は少額でスタートでき、少額の資金で多額投資できる点にあります。半面大きなリスクが生じますのでレバレッジを利かす際は慎重に行動するべきです。証拠金(資金)を利用して大きな取引ができることから証拠金取引・保証金取引とも呼ばれます。
外貨預金との違いは取引できる点にもあります。
FXにかかる手数料をスプレッドと言いますが、幸いなことに日本は競合により世界でも高水準、つまり安いです。
取扱い各社のスワップポイント(通貨間の金利差で発生)も比較しておきたいPOINTです。
FXはForeign Exchange(外国為替)のイニシャル

 

保険

主にモノにかける保険
・自動車保険
・火災保険
主にカラダにかける保険
・生命保険(医療、がん、就業不能、介護、死亡保障など)
・傷害保険(ケガ、所得補償など)
貯蓄性のある保険
・個人年金保険
・外貨建保険
・変額保険など
金融商品の中で唯一『補償・保障』があるのが保険。
相続時に生命保険金額500万円 × 相続人分が非課税になるのも特徴です。
貯蓄性の有無により、ほか金融商品、家計収支バランスから総合的な判断をお勧めしております。
保険商品詳細についてはサービス画面から「保険相談(無料)」をご参照ください。